畑の雨、と晴れ。 農家になるため畑を始めた家族の絵日記

畑をはじめた家族と畑の絵日記。おと(畑の主)、おか(畑従業員、兼イラストレーター)、はなえもん(3歳)の日常です。畑はまだ大きな家庭菜園という様相ですが、がんばってます。

3歳児検診クリアならず…

暑さでやるきがでません。。

午後から予定もあったので、おかは完全にオフモードでした。

 

f:id:shihoyan:20180718220040j:image

そうして、むかえた午後。

 

先月、3歳児検診に行って、

無理矢理歯科健診で口を開けられたはなえもんは、

検診が嫌になって大泣きし、

結局最後まで受けられないという事態になっていました。

 

そして、再チャレンジの今回は、

「上手に体重測って、身長測って、もしもししてもらったらケーキを食べに行こう。」と説明して納得していました。

 

説明していたこともあったのか、体重も身長も大人しくして、もしもしにたどり着けたのですが、

「じゃあお口見せて」

という先生の声。

あー。それ説明してないし、こないだめっちゃ嫌がってたやつやん。

というわけで、やっぱり先生を無視して口を開けず、

前回同様、保健師さんと先生の

「積み木しよう」「ゲームしよう」の誘いは完無視した結果、

 

「おうちでは出来ているようですけど、ここで確認できないので、また数ヶ月後にお電話か訪問で様子をうかがいます」という経過観察的な結果に。。。

 

あー、家の様子を見せてあげたい。

動画で確認してもらっても良いですか?という感じです。

 

ただ、親が会社勤めから自営に変わり、

引っ越して保育園にも入れず、

親と畑で一日中過ごして、

忙しいから邪魔者扱いされたり、

きっとストレスは相当なものだと思います。

 

検診のあと、ケーキを食べに行って、

その帰り道、

「帰りたくない!新しいお家きらい!」という娘。

話を聞いてみると、おかもおとも仕事していてつまらない。お友達と遊べない。前のお家の方が良かったというようなことでした。

 

たぶん。

 

勝手に解釈してしまっているかも知れませんが。。

 

「そっかーそれは悲しいね。ごめんね。」

と言って、娘と2人ほろほろ泣きました。

 

自営のスタートはやる事が山積みで

娘とちゃんと向き合っている時間が、

かなりすくなくなってしまっているのは確かです。

 

家族みんなそれぞれストレスをかかえた中、

それでも食べていけるように

事業を確立させることは、やはり最優先になってしまいます。

 

ただ

一週間に一度、必ず育児の広場に行くとか、

そういう時間は持つようにしようと

おとと話して決まりました。

 

みんなで同じ船に乗っている気持ちでしたが、

娘は娘。そこに彼女の決断はなく、

勝手に巻き込まれたわけで、

ちゃんと彼女のこと、考えて、

もっと時間も心もさかないといけないなと思いました。